低身長だからこそ有利な職業を、あなたは知っていますか?

この記事を書いたエスメン

S.magazine 編集長

S.magazine 編集長

エスマガ運営メンバーの中で一番身長が高い。公称身長166cm。
YouTube動画では声のみの出演。その正体は謎に包まれている。
スペックが高く仕事が速い、頼れるディレクター・外交・調整役。

「身長が低いことは人生の不利」 身長が165cm以下のエスメンにとって、低身長で得をするイメージは少ないと思います。 ただ実は、身長が小さいからこそ、有利になることってあるんです。 今回は、その中でも「身長が低いからこそ有利になる職業」という切り口で、紹介していきたいと思います。

低身長こそ有利になる職業が存在する

低身長,小柄,有利,職業

エスメンが知っておくべき、低身長が有利になる職業一覧

騎手(低身長オススメ職業)

低身長,小柄,有利,職業

騎手において低身長が有利な理由

馬の体力を考えると、騎手は軽ければ軽いほど有利です。 そう考えると、身長が低い騎手のほうが体重の軽さを出しやすいのです。 実際にほとんどの騎手が150センチ台と身長の低い人が多いのです。

器械体操選手(低身長オススメ職業)

低身長,小柄,有利,職業

器械体操において低身長が有利な理由

器械体操選手として活躍しているのが小柄選手が多いのは、競技特性にあります。 加速度が大切なポイントになってくる器械体操においては、身長・体重の両方が小さい方が有利ということなんです。

ダンサー(低身長オススメ職業)

低身長,小柄,有利,職業

ダンサーにおいて低身長が有利な理由

「小柄なほうがダンスが上手く見える」とよく言われますが、その理由はメリハリとキレにあります。 身長が高くて手足が長い人は、どうしても一つ一つのの動作をコンパクトに見せることが難しくなります。 身長が低くて腕が短い人は、よりメリハリとキレを感じやすくなります。

競艇選手(低身長オススメ職業)

低身長,小柄,有利,職業

競艇において低身長が有利な理由

競艇では、体重が軽ければ軽いほうが、加速時のスピードが出やすくなります。 身長が高いと、体重も重くなりやすいため、養成学校に入学する段階から、体重制限が設けられるくらいです。

日本初!XS・Sサイズのアイテムだけを集めたオンラインセレクトショップ S.fashion

まとめ

いかがでしたでしょうか? ぜひエスメンのみなさんにお伝えしたいのが、身長の低さは角度によってはプラスに捉えられるということです。 低身長だからこそ、自分の特性を生かせる場所があります。 どういう場所なら自分が輝けるのか?見つけていきたいですね。

日本初!XS・Sサイズのアイテムだけを集めたオンラインセレクトショップ S.fashion

新着記事

プライバシーポリシーはこちら