背が低い男性のためのテーラードジャケットの着こなし方!低身長メンズファッションおすすめコーディネート

この記事を書いたエスメン

渡部 瞬

1988年、福島県の雪国生まれ。公称身長157cm。
日サロに通っても焼けない肌の持ち主。

国立大学中退→営業・販売職を経験→24歳で起業。25歳で株式会社を設立し、5年連続で売上高・売上総利益(粗利)を伸ばし続けています。

夢の一つは、「仕事もプライベートも充実して生き生きと輝く、魅力的なエスメンを100万人増やすこと」。

テーラードジャケットは、カジュアルからセミフォーマルまで使い回しがきく定番アイテムです。 身長160cmもない私としては、テーラードジャケットは個人的に一番好きなファッションアイテムです。ビジカジスタイルとしてもプライベートでも非常に使えるので、色違いや素材違いなどで7着くらい持っています。

「スーツ姿が好きだから、テーラードジャケットも好き」「程良く大人っぽい感じで男らしく見える」という声もあり、女性ウケも良いようです。スーツのジャケットデザインがベースで、男らしさや大人っぽさを程良く演出し得ます。可愛らしいイメージや柔らかい印象をもたれることの多そうなエスメンにも特におすすめです。

背が低い男性や小柄な男性があえて可愛らしい雰囲気を出したり活かすというコーディネートもおすすめですが、時には、テーラードジャケットを取り入れることで自然とさりげなく男らしい雰囲気を演出していきましょう(もちろん、雰囲気だけでなく中身も磨いていきましょう!)。おおよそどのメンズブランドにも、テーラードジャケットのラインナップはあるので、ぜひ参考にしてみてください。

低身長男性向けテーラードジャケットの選び方のポイント

体にフィットしたタイトなサイズ感

よく言われることですが、最大のポイントはアイテムそのもののサイズ感です。最低限、肩幅・袖丈・着丈がちょうど良い物を選びましょう。ジャストフィットの服でスリムなシルエットを作ることが、低身長を感じさせないファッションのポイントです。

私がいつも苦労するところですが、せっかくSサイズの商品を見つけても、袖丈や着丈が長い場合があります。そんな時は、まったく恥ずかしいことではないので、しっかりお直しをお願いしましょう!「ちょっと長いかな・・・」と思いつつもそのまま着ている方が、服に着られている感や着こなせていない感じが出てしまい、小柄も強調され残念な印象になってしまいます。

また、胴回りや袖の部分が体にフィットせず必要以上に太い作りになっていると、背の低さが強調されやすくなります。「別に身長を気にしていないし、どうでもいい」という考え方もありかもしれませんが、せっかく印象アップ最大の武器「テーラードジャケット」を着用するのでしたら、品良くスマートに着こなせるようにジャストフィットのアイテムを手に入れましょう。 そのため商品によっては、袖の太さや胴回りのくびれ部分をお直ししたり、さらには着丈を直すことによりずれるポケットの位置を一緒に調整してもらう方がより良い場合もあります。

「こんなに大改造するならオーダーで作った方が良いな・・・」と思うこともありますし、どこまでこだわるかは人それぞれだと思いますが、ご参考にしていただけましたら幸いです。

トップとボトムのバランス

低身長をカバーするファッションのポイントとして、全身のトータルバランスも重要です。 「上下ともに体にちょうど良いサイズの服を着ているのに、あまりすっきり着こなせていない」というエスメンがいるとしたら、トップとボトムのバランスを改めて見てみましょう。トップの着丈が長めなのかもしれません。

ジャケットの着丈はインナーよりもやや長く、尚且つヒップ部分がすべて隠れるほど長すぎないような長さに調整しましょう。エスメンには、ヒップ部分が半分弱隠れる程度の着丈がおすすめです。着丈が長すぎないことにより、ボトムの割合を確保し、全身のトータルバランスがよく見え、背が低く見えにくいスタイリングとなります。

↓ショート丈1つボタンテーラードジャケット。Sサイズは肩幅、袖丈もエスメンにちょうど良さそうです。[ブランド:スプートニクス]

テーラードジャケット-メンズファッション2

日本初!XS・Sサイズのアイテムだけを集めたオンラインセレクトショップ S.fashion

テーラードジャケットのバリエーション

持っていて損なしのカラーバリエーションの定番は、ネイビー、ブラック、グレーです。特に、ネイビーやブラックなどダーク系の無地ジャケットは特に着回しやすく、自然と男らしく見えるカラーです。

他には、ベージュやアイスブルー、ホワイトなどもありますが、合わせにくく、中・上級者向けのコーディネートアイテムかと思います。

まずは、お手持ちのテーラードジャケットの色をご確認のうえ、ネイビー、ブラックがなければ、最低1着揃えておきましょう。デートや食事、友人との飲み会、その他セミナーや勉強会、カフェでちょっと仕事など、あらゆるシーンで通年使える、コーディネートの強い味方となること間違いなしです。

柄が入るとコーディネートや着回しのハードルが高くなるため、基本的に無地のジャケットがベストです。鉄板の無地ネイビー、無地ブラックを揃えたうえで、柄物ジャケットを購入するのはありだと思います。

小柄男性には、縦長のラインを印象づけてくれるストライプ柄がおすすめです。ストライプの幅や線の種類にもバリエーションがありますが、目立たない細いストライプ(ピンストライプ)などが良いです。

また、7分袖・5分袖のジャケットで、袖を折り返した時の裏地に柄があるジャケットも可愛らしさや個性がありおしゃれですが、合わせる他のアイテムの柄との兼ね合いや、折り返してみせる部分の面積など、コーディネートの際に注意が必要です。

繊維・生地(素材)

シアサッカー素材

カジュアルなテーラードジャケットに使用されている繊維は、コットン、ポリエステルなどが多いようです。繊維が同じでも織り方によって生地やジャケットの肌触りが変わります。

春夏に着るなら、麻やシアサッカー生地のジャケットは涼しげで、軽く着心地も良いのでおすすめです。シアサッカー素材(しじら織り)とは、表面に凹凸があり、非常に薄手で軽く、通気性に富んだ素材です。シアサッカー素材は元々インドの亜麻布のことのようですが、現在はコットンで織られていることが多いそうです。

その他、ジャージー素材などもありますが、オーソドックスで着回しやすく通年使用できるような、コットンやポリエステルのジャケットを揃えておきましょう。

袖丈

通常の袖丈の他、春夏なら、7分袖・5分袖のジャケットがおすすめです。特に、5分袖の商品はエスメンが着ると結果的に6~7分袖くらいになり、お直しも不要でジャストサイズで着こなすことができるかと思います。

↓裏地デザイン5分袖テーラードジャケット。お直し不要の5分袖で、タイトなシルエットはエスメンにもおすすめです。[ブランド:メンズスタイル]

テーラードジャケット-メンズファッション3

誰が着ても間違いなし!テーラードジャケットのおすすめコーディネート例

トップはダーク系・ブルーグレー系のアイテムで合わせ、白パンツとスニーカーを合わせた、春夏におすすめの爽やかなコーディネートです。[ブランド:メンズスタイル]

テーラードジャケット メンズ

ネイビーのジャケットに白パンツ、スウェードシューズを合わせた上品でスタイリッシュな大人カジュアルコーディネートです。ジャケットと靴を同系色で合わせているところもポイントです。[ブランド:スプートニクス]

テーラードジャケット メンズ着こなし2

グレーのジャケットにボーダーカットソー、ダーク系のスリムストレッチパンツを合わせています。[ブランド:スプートニクス]

テーラードジャケット メンズ着こなし

グレーのジャケットに白シャツ、デニム、デッキシューズを合わせ、かっちり感とカジュアル感を程良く合わせたコーディネートです。[ブランド:GAP]

テーラードジャケット メンズ着こなし3

テーラードジャケットに合わせやすい鉄板アイテム

インナー

無地の白Tシャツ

どんな色のジャケットにも合わせやすい、究極のシンプルアイテムは、無地の白Tシャツです。ジャーナルスタンダードなどで、エスメンにちょうど良いサイズのシンプルな白Tシャツが手に入ると思います。 白・黒・グレーは無彩色と言われ、どんな配色のコーディネートに取り入れても、色のバランスを崩したり、組み合わせの失敗を招きにくいです。

ボーダーTシャツ

特に春夏におすすめの爽やかなコーディネートです。マリンスタイルなので、デッキシューズとの相性も抜群です。スニーカーやスリッポンと合わせることもできます。 テーラードジャケットはかっちり感の出やすいアイテムなので、カジュアルなインナーや靴を合わせて適度にドレスダウンすることで、より自然に着こなせるかと思います。 白×ブル-、白×ネイビーのボーダーカットソーなどは特に合わせやすく、1着あると重宝するでしょう。ただ、定番すぎる印象はあるため、もう少し個性を出したい方は他の小物でアクセントを出したり、配色を変えてみましょう。

シャツ

ドレッシーな印象を与えるテーラードジャケットは、基本的にはTシャツやカットソーと合わせて程良くドレスダウンするのがおすすめですが、もちろんシャツとの相性も抜群です。 テーラードジャケットとシャツを合わせるとセミフォーマル感が強まるので、シチュエーションやコーディネートによっては「キメ過ぎ」な印象に映るかと思います。その場合は、コーディネートに適度に遊びを入れたり着崩すのもありです。 また、シャツと言っても、スーツと合わせて着るようなワイシャツを選ぶのは避けましょう。ワイシャツはきちんとしたスーツでビシッと着こなすのが良いと思います。普段使いのカジュアルなテーラードジャケットに合わせるなら、同様にカジュアルなシャツに合わせましょう。コーディネートでは、各アイテムの素材やテイストを合わせることも重要です。

パンツ

ダーク系のスキニーパンツ・テーパードパンツ

低身長メンズファッションにおいて、最もおすすめのパンツは、ダーク系のスキニーパンツです。特にブラックのパンツはどんな色のアイテムにも合わせやすいため、ぜひとも揃えておきたい一品です。 上半身に目を引く差し色を入れたりボリューム感を持たせたりしつつ、パンツをダーク系で細身の物を合わせることにより、背が低く見えにくいシルエットや印象を作ることができます。

白パンツ(デニム・コットン)

洗練された印象や上品でエレガントな印象を演出するなら、白パンツがおすすめです。やはり無彩色のホワイトは、合わせやすく着回しやすいので重宝します。 ただ、他のアイテムとの組み合わせや着こなし方、その人の印象によっては、テーラードジャケット×白パンツは「キメ過ぎ」感が出やすいコーディネートだと思いますので、さり気なく自然に着こなせているかどうかは客観的にチェックしてみてください。 また、白は膨張色と言われるため、エスメンにおすすめのコーディネートの鉄則「トップにボリュームをもたせ、ボトムは細く見せる」を実践する上で注意が必要です。ボトムにボリュームがあるように見せないため、スリムなスキニーパンツやテーパードパンツを選びましょう。

ベージュチノパン

ベージュのチノパンは、ネイビージャケットとの相性が抜群です。ネイビーはブラウン系との相性も良いので、靴やベルトをブラウンにして合わせても良いと思います。

エスメンはシンプルめの靴を選び、トップに色物・柄物・アクセントになる小物やハットなどを合わせ、人々の目線を上の方へ集めると良いようです。 また、アイテムの組み合わせや色のバランスにもよりますが、パンツと靴を同系色で合わせると足長効果が狙えて、トータルバランスが良く見えて小柄をカバーできるとも言われています。異なる色を合わせる方がメリハリがつき、おしゃれにまとまったコーディネートになることもあると思うので、場合により使い分けましょう。

ローテクスニーカー

テーラードジャケットと合わせるなら、スニーカーの中でもキレイめ寄りなローテクスニーカーがおすすめです。着崩し過ぎず、キメ過ぎず、バランスよくコーディネートをまとめることができます。

春夏のコーディネートには、清涼感があり尚且つ合わせやすい白スニーカーが使えます。また、ブラック、もしくはネイビー系のシンプルなスニーカーもおすすめです。

ローテクスニーカー

デッキシューズ

ボーダーカットソーと合わせるマリンスタイルの際には、デッキシューズがぴったりです。デッキシューズはその名の通り、元々船の甲板(デッキ)で履くことを想定して作られた靴です。水に濡れた甲板の上でも滑りにくいような靴底になっています。

デッキシューズ

革靴

スーツのジャケットに近いデザインのテーラードジャケットは、やはり革靴との相性も抜群です。ジャケットの素材や他のアイテムとのコーディネートによっては、革靴と合わせるとちぐはぐな印象になるので注意しましょう。

エスメンにおすすめのテーラードジャケットの着こなし方まとめ

エスメンのテーラードジャケット着こなしのポイントをまとめてみました。

  • ネイビーもしくはブラックの無地のジャケットを1、2着揃える
  • 肩幅・袖丈・着丈がちょうど良いサイズの物を着る(サイズが合わない場合はお直しへ)
  • パンツは細身のスキニーパンツもしくはテーパードパンツを合わせる
  • 靴はシンプルめにし、色物・柄物・アクセントになる小物はトップへ

エスメンが意識すると良いポイントはあると思いますが、最終的には、ファッションやおしゃれを楽しみ、着たい格好をすることが一番だと思います。 エスメンは、ジャストフィットする服を探すのに苦労することもあるかもしれませんが、サイズ感やシルエットの作り方に気をつけつつ、身長や体格を個性の一つとして活かし楽しみましょう。

日本初!XS・Sサイズのアイテムだけを集めたオンラインセレクトショップ S.fashion

関連する投稿

新着記事

プライバシーポリシーはこちら