メンズSサイズのあるファッションブランド特集!ジャストサイズで着こなせるおすすめアイテムまとめ

この記事を書いたエスメン

渡部 瞬

1988年、福島県の雪国生まれ。公称身長157cm。
日サロに通っても焼けない肌の持ち主。

国立大学中退→営業・販売職を経験→24歳で起業。25歳で株式会社を設立し、5年連続で売上高・売上総利益(粗利)を伸ばし続けています。

夢の一つは、「仕事もプライベートも充実して生き生きと輝く、魅力的なエスメンを100万人増やすこと」。

今回は完全に個人的な好みも交えて、「メンズSサイズ展開のある、おすすめのファッションブランド」をまとめてみました。

「メンズ Sサイズ」「Sサイズ メンズファッション」などと少し調べただけでも、「小さいサイズを展開するファッションブランド一覧」「小柄男性向けメンズファッション通販サイトまとめ」などの記事が見つかります。 それらの記事でおすすめされているブランドの中には、個人的にもよく利用するショップもあったり、いくつかの記事で共通しているブランドもあり、基本的には納得の内容です。

ただ、「このブランドのSサイズは大きくて着られなかったよなぁ…」と思うブランドもいくつかあったり、個人的に好みではないテイストのブランドもありました。

そこで今回、完全に主観で「身長の低い男性、小柄な男性向けにおすすめのファッションブランドまとめ」を作成してみました! 個人的な好みに寄っていますが、女子ウケも悪くなく、アイテムを選ぶセンスがなくてもサックリ無難にお洒落ができる、有名どころのブランドを厳選いたしました。身長160cmもない私が比較的楽しく買い物できるショップばかりです。

COMME CA COMMUNE(コムサコミューン)

Contemporary Trad COMME CA COMMUNE

ブランド概要

コムサメン、コムサデモードなど数々のブランドを展開するファイブフォックス社による、若者向けメンズブランド。 コンセプトは「コンテンポラリートラッド」ということで、知的で上品なトラッドスタイルをベースとして、現代的で若々しいテイストを加えたプレッピー風のアイテムが多いです。

プレッピースタイルとは、80年代にアメリカの名門私立校に通う裕福な家庭の学生の間で流行した、キレイめで上質な服を着崩すことが特徴のコーディネートです。 着丈が比較的短めのアイテムも多く、エスメンにおすすめのブランドです。ちなみに、靴もSサイズ(25cm相当)があります。

おすすめアイテム

通販サイト・近隣ショップはこちらから

ZOZOTOWNで「COMME CA COMMUNE」を探す
Amazonで「COMME CA COMMUNE」を探す
近隣ショップの確認はこちらから »

JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

JOURNAL STANDARD

ブランド概要

アメリカンテイストでカジュアルなアイテムが多いことが特徴。比較的シンプルで着回しやすく、派手でない色合いのアイテムが多いです。

カジュアルシャツやジャケットもSサイズの展開があります。身長160cmに満たない私は多少のお直しでちょうどよく着ていますが、160cm台の方ならお直しいらずでジャストサイズなのではないかなと思います。

ほかのショップのシャツやジャケットは、Sサイズ展開があっても身幅や肩幅など全体的に大きく、袖丈や着丈を直すだけでは不十分であることが多いです。そのため、このサイズ感はありがたいです。

おすすめアイテム

通販サイト・近隣ショップはこちらから

ZOZOTOWNで「JOURNAL STANDARD」を探す
近隣ショップの確認はこちらから »

メンズXSサイズ専門ファッションブランド レトロピクス

Paul Smith(ポールスミス)

paul_smith

ブランド概要

イギリスのファッションデザイナー、ポール・スミスによるブランド。 イギリスの伝統的なスタイルをベースとしつつ、カラフルな色使いや派手なプリント柄のアイテムがあることが特徴です。革靴の内側やレザーアイテムのステッチなど、配色に紫色がよく使われていることも印象的。洋服だけでなく、スーツや革小物、時計なども人気のブランドです。

各アイテムのサイジングは基本的にタイトです。Sサイズ展開のない商品でも、Mサイズをちょうどいいサイズ感で着用できることもあります。個人的には、最も好きでよく買い物に行くショップの一つです。

通販サイト・近隣ショップはこちらから

Paul Smith 公式オンラインストア
近隣ショップの確認はこちらから »

GAP(ギャップ)

gap

ブランド概要

元々はアメリカのサンフランシスコで、ジーンズ専門店として創立されました。商品の企画、製造、販売までを手がける「製造小売業」の形態をとっており、比較的リーズナブルなブランドです。

商品のラインナップとしては、シンプルでベーシックなカジュアルアイテムが多いです。そのため、GAPで全身コーディネートするというよりは、シャツやカットソーなど一部のアイテムを時折コーディネートに取り入れていただくと良いかと思います。

アイテムにより、メンズXXSサイズ(身長155cm~)から展開があります。また、「ボーイズ」の150cm・160cmサイズもありますので、無地や比較的シンプルなデザインのものはコーディネートにうまく取り込めるかと思います。

おすすめアイテム

cn12042461

通販サイト・近隣ショップはこちらから

GAP メンズ 公式オンラインストア
近隣ショップの確認はこちらから »

SHIPS(シップス)

ships

ブランド概要

「STYLISH STANDARD」をコンセプトに、大人のトラディショナルスタイルを提案するブランドです。ややカジュアル要素を含みつつ、上品で上質なアイテムによるアメリカ東海岸の伝統的スタイルを中心にセレクトされているようです。

カジュアルアイテムだけでなく、ビジカジスタイルでのアイテムも探しやすいイメージです。カットソーはサイズ感も良い感じです。ジャケットは袖丈、着丈、身幅など結構お直ししましたが、お直しすれば着られなくはないです。シャツはSサイズでもやや大きめの印象でした。 メインブランドの「SHIPS」のほか、若者向けにハイエンドなカジュアルスタイルを提案する「SHIPS JET BLUE」もおすすめです。

[追記]SHIPSはある程度お直しが必要かもしれませんので、個人的にはSHIPS JET BLUEがおすすめです。
20代の低身長メンズファッションなら、SHIPS JET BLUEのアイテムをおすすめする3つの理由

おすすめアイテム

通販サイト・近隣ショップはこちらから

ZOZOTOWNで「SHIPS」を探す
「SHIPS」の近隣ショップの確認はこちらから »
「SHIPS JET BLUE」の近隣ショップの確認はこちらから »

green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

green_label_relaxing

ブランド概要

「かつてユナイテッドアローズでアイテムを購入していたが、結婚後ファッション関係にお金を使うことが厳しくなった35歳以上」の層をターゲットとして立ち上げられた、ユナイテッドアローズの低価格ラインのブランドです。当初の狙いとは異なり、ユーザーの多くは20代中盤までの若年層が多いようです。

アイテムによってXSサイズから展開があります。XSサイズでも私にはちょっと大きめで残念でしたが、エスメンの中でも160cm台の方にはおすすめのブランドです。バッグや小物も洗練されたアイテムが多めです。

通販サイト・近隣ショップはこちらから

ZOZOTOWNで「green label relaxing」を探す
近隣ショップの確認はこちらから »

>>エスメン注目記事
背が低い男性のためのテーラードジャケットの着こなし方!低身長メンズファッションおすすめコーディネート

日本初!XS・Sサイズのアイテムだけを集めたオンラインセレクトショップ S.fashion

関連する投稿

新着記事

プライバシーポリシーはこちら