低身長男子がスタイルを良く見せるためのマストアイテムはスキニーパンツ!その理由は?

この記事を書いたエスメン

アバター

渡部 瞬

1988年、福島県の雪国生まれ。公称身長157cm。
日サロに通っても焼けない肌の持ち主。

国立大学中退→営業・販売職を経験→24歳で起業。25歳で株式会社を設立し、5年連続で売上高・売上総利益(粗利)を伸ばし続けています。

夢の一つは、「仕事もプライベートも充実して生き生きと輝く、魅力的なエスメンを100万人増やすこと」。

低身長男子の最大の悩み。

それは中々自分に合うファッションが見つからないということです。

「この服めっちゃかっこいい!」と思って試着して鏡の中の自分を見てみると袖が余ってしまっていたり、どうも幼すぎる印象を受けてしまっていまいち決まらなかったり・・・といったことはよく起こります。

「折角着たいアイテムがあっても似合うことが少ない・・・」そんな悩みを抱える低身長男子は多いのではないでしょうか。

そんな低身長男子の強い味方となるのが「スキニーパンツ」です。

当記事ではその理由とスキニーパンツに合わせやすいアイテムまで合わせてご紹介します。

 

低身長男子がスキニーパンツを選ぶべき理由とは?

 

1.スタイルがよく見える

 

低身長男子がスキニーパンツを選ぶ最大の理由は何と言っても、「スタイルがよく見えること」です。

シルエットがタイトなスキニーパンツは見た目を引き締める効果があり、もしトップスが大きめなシルエットのものでも全体的に細長い印象を与えることができるのです。

もちろんジャストサイズのトップスと合わせればよりスタイルが良くなり、低身長男子の悩みを解消することにつながるでしょう。

そしてこれは裏を返せばサルエルパンツやワイドパンツは避けたほうが良いということです。

最近はビッグシルエットのTシャツやパーカーなどが流行していて、それらの雰囲気に合わせてゆったりとした印象を受けるサルエルパンツやワイドパンツを着用したくなりますが、これらのパンツは全体的にダボっとした印象となり低身長男子の場合は、より身長が低く見えてしまいます。

そのため、トップスがどういったシルエットのものであっても、スキニーパンツはマストと言えるのです。

 

2.おすすめは黒スキニー

 

スキニーパンツの中でもおすすめなカラーは「黒」です。

黒色は他のカラーよりも足にピタッっとはまるような引き締まった印象を与え、それによる脚長効果が期待できるためです。

またコーデの使い勝手の良さという観点からも黒色は非常におすすめ。

全体的にバランスの良いコーデを実現するためには「トップスは派手な場合でもボトムスは抑えめ」というのは鉄則。

もしボトムスも派手にしてしまうと、全体的にまとまりのない印象となりお洒落とは言えません。

ボトムスを抑えめな色にすることで全体的に引き締まり、コーデにまとまりをもたらすことができるのです。

トップスが抑えめでも黒色のボトムスはうまくフィットし、その場合は全体的に落ち着いた印象となるため黒色というのはボトムスを選ぶにあたって非常に万能なのです。

このような理由から低身長男子は「黒色スキニー」を選ぶのはマストと言えるでしょう。

 

3.スキニーであれば何でも良いというわけではない

 

さて低身長男子がスキニーパンツを選ぶ重要性を説明した上で、一点ご注意いただきたいことがあります。

それは「スキニーであれば何でも良いというわけではない」ということです。

「スキニーパンツは引き締め効果があるのか。じゃあスキニーパンツであることに注意すれば自分の好みで選んで良いんだな!」と、何も考えずに選んでしまうと痛い目を見ます。

そのNG例として主に二つ挙げられるのは「ダメージ加工されたスキニーパンツ」と「テーパードパンツ」です。

それぞれ解説します。

まずダメージ加工されたスキニーパンツについてです。

ダメージ加工の程よい抜け感やワイルドな印象に憧れる方も多いと思いますが、ダメージ加工がされたパンツには「穴の空いた部分やダメージを受けた部分に目がいく」という効果があります。

これがダメージ加工の狙いではあるのですが、同時に「膝付近に目線が行ってしまう」という事態をもたらします。

そうするとスタイル良く見せる効果があるスキニーパンツであっても、目線が下に行くことによってその効果が打ち消されてしまうのです。

スキニーパンツによってシルエットを引き締め、視線を上に持っていくためにダメージ加工されたものは選ばないようにしましょう。

次にテーパードパンツについてです。

テーパードパンツとは裾に向かってシルエットが細くなっているパンツのことを指します。

全体的に細身の印象を与えながらも太もも周辺にはゆとりがあり、履きやすくてスタイルがよく見えるパンツとして昨今のトレンドとなっているアイテムです。

そんなメリットがあるテーパードパンツですが、低身長男子にとっては「股上が深い」という問題点があります。

これは太もも周辺にゆとりをもたらすために構造上仕方ないことなのですが、股上が深いということは同時に股下が短いことを意味します。

すると低身長男子の場合、足が短い印象が強調されてしまいスタイルを良く見せる効果が得られないのです。

スキニーパンツを選ぶ際にはこういった点を踏まえて注意深く選ぶようにしましょう。

迷った際はしっかりと着用して、自分でどういった印象を受けるか確認するのが最も手っ取り早い方法です。

 

コーデに困ったらどうする?スキニーパンツに似合うアイテムは何か

上述したようにスキニーパンツ、特に黒のスキニーパンツはどんなアイテムにも合わせやすい万能アイテムです。

しかし、スキニーパンツをあまり履き慣れてない方の中には「どんなアイテムを合わせれば良いか分からない・・・」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方のためにスキニーパンツに特に合うアイテムをいくつかご紹介します。

 

1.ストライプシャツ

 

まず最初にご紹介するのは「ストライプシャツ」です。

ストライプシャツ柄はシルエットが縦長に見える効果があります。

そのためスキニーパンツを合わせれば全体的に縦長の印象を与え、スタイル良く見せることが可能となります。

加えて柄物のトップスというのは視線を上に持ってくことができるという強みもあります。

 

2.ニットカーディガン

 

次にご紹介するのは「ニットカーディガン」です。

自分に似合うファッションに悩むことは多いと思いますが、低身長男子には「可愛らしい印象を与えることができる」という強みがあります。

この強みを最大限に活かすことができるのがニットカーディガンです。

特に暖色のニットカーディガンを選べば可愛らしい印象をより強めることができるでしょう。

しかしニットカーディガンは全体のシルエットが膨らんで見えるデメリットがあります。

これにスキニーパンツを合わせればそのデメリット打ち消し、全体的に見ると引き締まった印象を与えることが可能となります。

 

3.チェスターコート

 

最後にご紹介するのは「チェスターコート」です。

チェスターコートもスキニーパンツと同様に細く引き締まった印象を与えられるアイテムとして有名です。

そんなチェスターコートとスキニーパンツを合わせれば相乗効果が生まれ、低身長男子であってもスタイル良く見せることが可能です。

 

メンズXSサイズ専門ファッションブランド レトロピクス

まとめ

 

以上、低身長男子がスキニーパンツを選ぶべき理由や合わせやすいアイテムに関してご紹介しました。

スタイル良く見せるために日頃奮闘されている低身長男子の方は多いことだと思いますが、スキニーパンツはそういった方にとって非常に強い味方となってくれることでしょう。

黒を選べば単にスタイル良く見せられるだけでなく、様々なトップスに合わせられる万能アイテムであることも嬉しいポイントですね。

ぜひスキニーパンツをファッションの軸として自分にあうスタイルを確立されてみてください。

当記事がその参考になれば幸いです。

メンズXSサイズ専門ファッションブランド レトロピクス

新着記事

プライバシーポリシーはこちら